Archive for the ‘自然の力’ Category

低温の害

今朝はいんげん豆や露地のジャガイモやトウモロコシが低温障害で少し傷んでいます。気象台の発表では2度だが地上は0度近くまで冷えたようです。これ以上寒い朝が来ないように祈るばかりです。

強風で予定変更

午前中は里芋4種類(八幡、セレベス、筍、石川早生)を植え付けて作業は順調でした。落花生(おおまさり)を蒔く段階で強い南風が吹き始めトンネルのビニールの補強に追われ蒔くのは明日以降に成りました。

実生ニョキニョキ

去年きゅうりとディルの種子が落ちた所のトンネルの中に実生が生えていました。レタスの種子を蒔いた所からも発芽しなかったのが生えていました。トマトも露地で発芽していました。移植して育てようと思います。すっかり春になりました。

水抜が大変

昨日の朝から24時間降り続いた雨でとうもろこしのトンネルが水に浸いていました。雨量は80ミリを超えています。朝から鍬を持って排水作業をしています。水位を下げないと追加の種蒔きが出来ません。

延期した農作業

昨夜から平均10メートルを超える風が吹き続きました。予定していた農薬散布とジャガイモのトンネルへのビニール張りは出来ませんでした。風の中でも出来るビニール紐用のプラスチック杭の打ち込みをしました。痛んだトンネルの修復もしました。天気に右往左往させられながらやってます。

備え

昨日は降雪に備えて作業をしました。早目の対策が効果的です。農業は自然相手なので予報は無視できません。テレビでは車のスリップ事故が報道されていますが雪の日にノーマルタイヤで走るのは犯罪です。備えあれば憂いなしです。

寒さの中に春の足音

ここ4日は氷点下7度、6度、4度、6度と寒い朝が続いています。昨日中学の同級生の集まりで蕗の薹が出ている事が話題に上りました。庭を見回ったところ数個確認出来ました。土の中では確実に春が近づいています。来週からは寒さが和らぐらしい。

ハウスの中も寒い

今朝は気象台発表で氷点下6度以下でした。ハウスの中なら少しは暖かろうと作業を始めましたが実測は氷点下8度でした。観測環境が違うので現地の方が大分寒い。ハウスは日が出れば一挙に温度が上がるので少し待ちます。今朝の様子と昨年の1月16日の映像です。1月の中旬が一番寒い。

DSC_0895

寒さに弱い手足

7時過ぎに-6度を下回りました。寒さの中での作業で辛いのが手足の指先の痛さです。特に手は敏感なので手袋を脱いで衣類の下で温めて作業再開です。氷点下は痛い!

体慣らしの初農作業

今日は朝は寒かったが日が射して暖かい日和でした。作物の間に堆肥を敷いたり、ジャンボにんにくの草を取りました。地上はあまり育っていませんが地中では根が育っていて早目の草取りが必要の様です。

最近のコメント